忍者ブログ
樹海の隠し小屋

Sub-menu

Infomation
HP:樹海の隠し小屋
HN:きつね&太陽
連絡先:メールフォーム
リンク:HP下部
※リンクはホームページにお願いします。トラックバック以外での、このブログへのリンクはご遠慮ください。事後報告で良いのでメールフォームからご連絡下さい。

管理画面 / 新規投稿
Calender
07 2018/08 09
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Recent Comments
クリアおめでとうございます[Re]
 (by june rain 03/10)
すごい気合[Re]
 (by JR 12/16)
Recent Trackbacks
RSS
Search this blog

"樹海の隠し小屋"に付設するブログ。日々の雑感を語る。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


やりこみ"少戦闘回数tr.3人"のルールが、ひとたび確定したのにもかかわらず変わっています。更新はしばらく先になると思います。

----
"親は子供を殴らない、教師は子供を殴れない"って時点でひどい世の中だと思いますが、その上"警察も子供を殴れない"とは、すごい時代ですね。(笑)

警察を全く擁護したくないので詳しく書くと、9月4日の事件では警官は酔っ払っていて、傍にいた人を殴り、それがたまたま拳銃(のようなライター)を振り回していた高校生だっただけですから。一方的に責められませんけど。

それはともかく、殴られたことのない"子供"は、殴られたときの痛みを知りませんから、結局殴ったときの痛みもわからないんですよね。と言っても、高校生以上の年になるともう働いている人もいますし、ひとりの"人間"として生きていないとおかしいですから、本来子供扱いをすべきではないですけど。この国だと(受験戦争など)いろいろな理由により、いかんせん子供レベルでしか物を考えていない人間も多いですので、本来年齢で区切るべきであるところができません。

ともかく、"人が人を殴る"ことが悪いことだという、人間にあまねく通じることは、(子供という言葉は曖昧ですけども、)子供に対してやはり殴ることにより教えるしかないと思うんです。ただ言葉で観念的に教えたところで子供は理解できませんから。痛みを知ることで、痛みを受けることと与えることの苦しみを知るということです。ですので、子供を殴ることは必要悪だということです。
PR

この記事に新しくコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
※パスワードを設定しないと後からコメントを編集できません。
管理者がコメントを確認するまでは表示されません。表示された後は、コメントの右下から編集できます。
※HTMLタグを使用していたり、ネタバレを含むコメントは表示しません。

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

樹海の隠し小屋

忍者ブログ [PR]