忍者ブログ
樹海の隠し小屋

Sub-menu

Infomation
HP:樹海の隠し小屋
HN:きつね&太陽
連絡先:メールフォーム
リンク:HP下部
※リンクはホームページにお願いします。トラックバック以外での、このブログへのリンクはご遠慮ください。事後報告で良いのでメールフォームからご連絡下さい。

管理画面 / 新規投稿
Calender
01 2018/02 03
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
Recent Comments
クリアおめでとうございます[Re]
 (by june rain 03/10)
すごい気合[Re]
 (by JR 12/16)
Recent Trackbacks
RSS
Search this blog

"樹海の隠し小屋"に付設するブログ。日々の雑感を語る。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


"ドゥコミュニケーションズ・オーバーザ・モバイルネットワーク"略してDoCoMoが、1日に携帯の新機種を発表しましたが、23機種75色って何ですか?多すぎるんですけど。

私はクイックキャスト(通称:ポケットベル)時代からNTTドコモに忠誠を誓ってきました宣伝か。。ということで、当分はのままで使い続けるでしょうし、DoCoMo以外の事業者のことは知りたくもありません。

そんなNTTドコモも、"番号持ち運び制度"が始まってから苦戦を強いられているようで、"ドコモに移転ゼロ"をもじって"DoCoMo2.0"というコピーを自ら出しているぐらいです。そこで料金プランの変更とともに端末の大量開発という、必死な抵抗を始めましたね。といっても、消費者の立場としては、23機種も一気に出されたところで選べない人が多発すると思われるんですが。

私は1999年に発売されたP501iという機種から、使用してきた6台の携帯電話端末すべてにおいてパナソニック社に忠誠を誓ってきました工作員か。が、このように買いたいメーカー(DoCoMo、Softbank、au、WILLCOMなどの事業者ではなく、Panasonic、シャープなど、端末そのものを作っている会社)がある程度決まっている人にとっては問題ありませんけど。メーカーに関係なく一番欲しい機種を買っていた人、そしてこれから他社からDoCoMoに移ってくる人にとっては、今まで以上にそれぞれの端末の特徴をよく比較しないと、そもそも買えないと思います。

いまや"電話型の移動可能通信用端末"と化している高機能なものであり、それだけに高価ですから、そのような機能性を最大限に活かしたい人は、1台買うにしてもきちんと情報収集能力が求められるようになってきているのかもしれません。
PR

この記事に新しくコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
※パスワードを設定しないと後からコメントを編集できません。
管理者がコメントを確認するまでは表示されません。表示された後は、コメントの右下から編集できます。
※HTMLタグを使用していたり、ネタバレを含むコメントは表示しません。

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

樹海の隠し小屋

忍者ブログ [PR]